アフィリエイトのオススメ商材はこちら

【永久保存版】これさえチェックしておけばOK!!アフィリエイトの記事を書くための重要なSEO対策方法を網羅してみた

アフィリエイト SEO対策SEO

アフィリエイトで記事を書いたのに中々順位が上がらないアフィリエイターや

順位やアクセスがあるのにも関わらず、中々売上が伸びないアフィリエイターは多くいます。

今回は、私がアフィリエイトの記事を書く時に大切にしているSEO対策方法についてご紹介します。

これさえチェックしてサイトや記事を書いていけば成果が必ず出ます。

SEO対策:内部SEOについて

アフィリエイトの内部SEO対策は自分で行うことができる対策になります。

基本的にSEO対策は内部SEO対策がベースになります。

ですので、記事を作る際は内部SEO対策をしっかりと行っていくことが大切になります。

タイトル(titleタグ):サイトやページの題名。
メタディスクリプション(description):記事内容を100文字程度の文章で表した要約のようなもの。
見出し(h2〜h3):記事内容を簡単にまとめたもののこと。
文字数:記事の文字数のこと。
網羅性:情報が網羅されていること。
サイト構造:サイトの階層構造のこと。
内部リンク:サイトの記事同士をリンクで繋ぐこと。
発リンク:自サイトから他サイトへリンクすること。
専門性:1テーマに関連するコンテンツ(専門知識)が詳しく書かれていること。
権威性:専門知識を有している人の発言や定量的な数値や実績のこと。

更新頻度:サイトの記事の更新するペースのこと。

タイトル(titleタグ)

タイトルは『サイトやページの題名』になります。

タイトルは、検索結果上で一番大きく表示されますので、ユーザーに目が止まりやすく、

ページをクリックするか決める場合にタイトルは非常に重要になります。

そのため、タイトルを決める場合は、記事内容を明確にわかりやすく訴求したいことを盛り込むことが大切です。

また、タイトルはSEO対策でも重要な一つの項目になっています。

ですので、タイトルにはしっかりとキーワードを盛り込むことでSEO対策を行うことができます。

PC:30~35文字程度。
スマホ:36~41文字程度。

上記のような文字数でタイトルを決めると良いと思います。

メタディスクリプション(description)

メタディスクリプションは『記事内容を100文字程度の文章で表した要約のようなもの』です。

メタディスクリプションは検索順位結果に影響を直接与えないので、以前ほど重要視されなくなりましたが、

メタディスクリプションはクリック率の向上させます。

検索エンジンのページ一覧では競合サイトも表示されているので、

適切なメタディスクリプションを設定することで、競合サイトよりもクリックしてもらえる可能性が高くなります。

PC:156~252文字程度。
スマホ:83~92文字程度。

上記のような文字数でタイトルを決めると良いと思います。

項目ランク
難易度1.0
重要度5.0

見出し(h2〜h3)

見出しとは『記事内容を簡単にまとめたもののこと』です。

見出しであるhタグを利用することで、文章構成がわかりやすくなり、

ユーザーはページの内容を理解しやすくなります。

また、見出しは適切にキーワードを入れることで、

記事内容や構成を理解しやすくなるのでSEO対策もできます。

特に重要なのは『h1〜h3タグ』で、多くのサイトでは見出しの階層の高い見出しほど効果が高いです。

項目ランク
難易度2.0
重要度5.0

文字数

文字数とは『記事の文字数のこと』です。

SEOにおいて、文字数は直接検索順位には影響しません。

例えば、1記事の文字数が500文字、1000文字、3000文字、5000文字だったとしても、

文字数が多かったり少ないだけでGoogleに評価されないということです。

大切なのは文字数とキーワードの総量です。文字数が多い記事には3つの効果があります。

・総キーワード数が増える。
・関連キーワード数が増える。
・平均読了率が高くなる。

検索結果の上位サイトの50%が4,000文字以上あるというデータがあります。

記事の文字数が多いと相関して『キーワード数も関連キーワード数も多い』ということです。

なので、直接的には関係しない文字数もキーワードと散りばめて記事を書くことで、

キーワード数に対して評価があります。

項目ランク
難易度2.0
重要度4.0

網羅性

網羅性とはその名の通り『情報が網羅されていること』です。

網羅性の高い記事はSEO効果が高いです。

サイトの記事のテーマに沿って関連ワードや悩みワードを網羅してあると

より抱負な専門知識を織り交ぜてある網羅性の高いサイトが出来上がるので、SEO効果が見込めます。

こうした良いSEO効果を得るには、ユーザーの検索意図を考慮したコンテンツにすることが大前提です。

項目ランク
難易度4.5
重要度5.0

サイト構造

サイト構造とは『サイトの階層構造のこと』です。

サイト構造はサイトを設計する前段階で考えておく必要があります。

サイトを作り上げた団塊で、サイト構造を行うと非常に作業が大変になります。

私はサイト構造はツリー構造が良いと考えています。

ツリー構造とは、その名の通り木をイメージした階層構造です。

根:トップ記事
茎:まとめ記事 or カテゴリー
葉:単体記事

というように親をトップ記事に、子をまとめ記事やカテゴリーに、孫を単体記事にしてあげることで、

サイトの全体のパワーが根であるトップ記事に吸収されてサイト全体のSEOのパワーが高まります。

項目ランク
難易度5.0
重要度5.0

内部リンク

内部リンクとは『サイトの記事同士をリンクで繋ぐこと』です。

この内部リンクを最適化することで、

検索エンジンのクローラビリティが高まりインデックスされやすいサイトになります。

内部リンクをしっかりと意識することでSEOの効果が高まり検索上位に見込めます。

項目ランク
難易度4.0
重要度5.0

発リンク

発リンクとは、外部リンクとは異なり『自サイトから他サイトへリンクすること』です。

発リンクは外部リンクの一種で、本来であれば外部から設置してもらいたいですが、

場合によっては自サイトからリンクを設置する必要もあり、

発リンクとなる外部に向けたリンクがSEO対策にも良い効果が与えます。

発リンクの考え方としては、ユーザーに対して記事の質を上げるために活用します。

記事に訪れたユーザーが自分の書いた記事だけでは不十分だと感じた場合に、

参考として発リンクすることで記事内容に躓いたユーザーに対して利便性の高い記事として感じてもらえます。

発リンクはGoogle公式では効果があるとは発表されていませんが、

ユーザーエクスペリエンス観点から考えれば、間接的に効果があると考えています。

項目ランク
難易度1.0
重要度3.0

専門性

専門性とは『1テーマに関連するコンテンツ(専門知識)が詳しく書かれていること』です。

サイトの専門性を高めることは非常に重要になってきています。

専門性を高めることで、1テーマに関しての情報が集まってくるので、

専門サイトとしてGoogleに評価されて検索順位も上がりやすくなります。

雑記サイトと呼ばれる様々なテーマの記事が書かれているサイトよりも、

特化サイトと呼ばれる一つのテーマに絞ったサイトのほうが専門性が担保されやすいです。

個人的には一つのテーマに絞って尖らせていくサイトがおすすめですね。

項目ランク
難易度4.0
重要度5.0

権威性

権威性とは『専門知識を有している人の発言や定量的な数値や実績のこと』になります。

SEOに直接効果はありませんが、近年のアフィリエイトでは、

権威性のある人の書いた記事は評価がされるようになってきています。

つまり、記事のが専門性があるかや誰がそれを書いているのかが重要です。

権威性のないサイトは、どれだけしっかりとした内容でも読者から見ても説得力に欠けてしまいます。

権威性があると読者を納得させることができます。

自分自身の作り記事のテーマで権威性が欠損していると思う場合は、以下の対策を行うようにしましょう。

・専門書籍からの引用する。
・論文などから引用する。
・数字を公開する。(PV数や売り上げなど)
・フォロワーを公開する。(SNSやメルマガ登録数など)
・インフルエンサーの言葉を引用する。
・専門家の情報発信を引用する。

これを行うことで、より権威性の高いサイトや記事を作成することが可能です。

項目ランク
難易度4.5
重要度5.0

更新頻度

更新頻度とは『サイトの記事の更新するペースのこと』です。

サイトの更新頻度も重要になっています。

サイトの更新頻度は直接SEOの効果は見込めません。

しかし、毎日コツコツ良質な記事を更新していくことでSEO効果が見込めます。

どれだけ毎日低品質な記事を量産しても効果がありません。

大切なのは、質の高い記事を毎日コツコツと積み上げることが大切になります。

項目ランク
難易度1.0
重要度3.5

SEO対策:外部SEO

内部SEO以外にも外部SEOと呼ばれる対策が存在します。

外部SEOは外部サイトからの質の高いリンクを獲得する試作になります。

質の高いサイトや記事からの被リンクを獲得数が検索結果に大きな効果があります。

大切なのは、内部SEOを対策していけば必然的に外部SEOがしっかりとされていくという感じです。

被リンク:外部サイトから設置されたリンク。
サイテーション:引用・言及。

被リンク

被リンクとは『外部サイトから設置されたリンク』になります。

これは今も昔も変わらず、SEO対策において重要な対策の一つになります。

被リンクが多ければGoogleに評価されてSEOの効果が見込めます。

あくまでも自然な被リンクを多く獲得することができればSEO効果を高めることができます。

低品質なリンクが増えれば被リンクによるSEO効果が最大限発揮されません。

項目ランク
難易度4.5
重要度5.0

サイテーション

サイテーションとは『引用・言及』という意味です。

ネット上にサイト名や記事内容などを第三者が言及する行為になります。

これまでのSEO対策では、被リンクなどが一般的でしたが、サイテーションはリンクを貼られていなくても

言及されるだけでSEO効果があり、検索順位にも影響があると言われています。

サイテーションで大切なポイントは2つです。

・Webサイト名を短くわかりやすくする。
・ブログやSNSでもWebサイト名を記述する。

サイテーションからの検索は、競合サイトは表示されないので、

検索結果を独占できるのでアクセスを集めやすくなります。

項目ランク
難易度2.5
重要度4.0

SEO対策:ユーザー行動

最後にユーザー行動をご紹介します。SEOはあくまでユーザーベースです。

ユーザーにとって良いサイトや記事は評価されますし、Googleもそれを望んでいます。

ですので、ユーザー行動で重要なポイントをいくつかご紹介していきます。

クリック率:検索結果で自サイトがクリックされる割合。
読了率:最後まで記事を読むユーザーの割合。
再訪率:何度もサイトに訪れるユーザーの割合。
遷移率:記事を読み終わった後に直帰せずに更に別の記事にも遷移する割合。

クリック率

クリック率とは『検索結果で自サイトがクリックされる割合』です。

検索順位が高いほどクリック率が高くなります。以下は検索順位10位のクリック率になります。

検索順位クリック率
1位21.12%
2位10.65%
3位7.57%
4位4.66%
5位3.42%
6位2.56%
7位2.69%
8位1.74%
9位1.74%
10位1.64%

これを見ても1位〜2位までの検索結果を記事をクリックしている割合が『31.77%』とほぼ3割になっています。

つまり、検索順位上位1から2位までに入ることが非常に大切になってきます。

内部SEOや外部SEOを行って検索順位を上げることは大切ですが、

それ以外にもクリック率を高める方法は以下の2つが重要です。

・タイトル
・メタディスクリプション

この2つをしっかり意識するだけでもクリック率は上がります。

項目ランク
難易度1.0
重要度5.0

読了率

読了率とは『最後まで記事を読むユーザーの割合』です。

よくUU数やPV数などの記事を見た人の量を測る指標を重要視されますが、

この指標だけでは、本当に記事が読まれているかなどがわかりません。

サイトや記事の価値を決めるのは『ユーザーにどれだけ影響を与えられているか』というポイントです。

そのため読了率が記事の質を測るための指標として注目されています。

項目ランク
難易度4.0
重要度4.0

再訪率

再訪率とは『何度もサイトに訪れるユーザーの割合』です。

アフィリエイトの売り上げを上げるためには、

新規ユーザーだけではなくリピーター(ファン)の存在が必要になります。

リピーターはあなたのサイトや記事に満足してくれているユーザーです。

満足度の高いユーザーは購買意欲が高く、アフィリエイトの売り上げに高く貢献してくれます。

そのリピーターになってもらうための指標として大切なのが『再訪率』になります。

再訪してくれるユーザーが多いほど、サイトへの定着率が高くなります。

再訪するユーザーの特徴を分析し、定着率を向上させていくことができれば、

リピーターになる可能性も高くなりますので、必然的に売上は伸びていきます。

項目ランク
難易度3.0
重要度4.0

遷移率

遷移率とは『記事を読み終わった後に直帰せずに更に別の記事にも遷移する割合』です。

サイト訪問ユーザーを離脱させずに

CV(コンバージョン)に導くことができるサイトの導線を設計するために『遷移率』は重要な指標になります。

自サイトの記事を遷移させるのは、サッカーのパスワークと似ています。

アクセス記事:アクセスを集めることができる記事のこと。
比較記事:売りたい商材と競合の商材の比較する記事のこと。
成約記事:商品を購入する記事のこと。

アクセス記事でボールを集めてそこから比較記事に繋いで、最後に成約記事でゴールを決めるようなイメージです。

アクセス記事からの遷移率を確認して成約記事に繋がっていなければ、動線が弱いです。

アフィリエイトで大切なのはゴールを決めること(アフィリエイトで成約を取ること)なので、

しっかりと記事の特性を理解しながらうまく遷移できるようしていきましょう。

項目ランク
難易度4.0
重要度4.0

コメント

タイトルとURLをコピーしました