アフィリエイトのオススメ商材はこちら

【検索上位を取りに行く!!】アフィリエイトのSEO対策について徹底解説してみた

アフィリエイト SEO対策
アフィ太郎君
アフィ太郎君

記事を書いて見たけどなかなか検索エンジンで上位に表示されないな。

masaya
masaya

検索エンジンで上位表示させるためにはSEO対策が必要になるよ。
アフィリエイトで稼ぐためにはSEO対策は避けて通れないから
しっかりとSEO対策について学んでいこう!!

SEO対策はアフィリエイトで稼いでいくには理解しておく必要があります。

多くのユーザーは検索結果の1ページ目しかほとんど読まないので、

いかに検索結果で1ページ目に入り一位を取るのかがアフィリエイトで稼ぐためには大切になります。

・SEOについて全く知らない人
・SEO対策の知識がない人
・自分の書いた記事を上位表示させたい人

すでにSEOについて理解されている人はStep9のアフィリエイトの税金について進んでください。

Step9:アフィリエイトの税金

目次
  1. SEOとは
  2. 検索エンジンの仕組み
    1. クローリング
    2. インデキシング
    3. スコアリング
  3. SEO対策する3つのメリットについて
    1. 非常に効率の良い集客方法である
    2. リスティング広告ではアプローチできるユーザーに限度がある
    3. アクセスに対してコストが掛からない
  4. 2種類のSEO対策について
    1. ホワイトハットSEO
    2. ブラックハットSEO
  5. SEOの内部対策と外部対策について
    1. 内部対策
    2. 外部対策
  6. 私がSEO対策で特に考えていること
    1. 読者にとって価値ある記事を書くこと
    2. SEO対策だけに頼りすぎないこと
  7. SEOのペナルティについて
    1. 隠しテキスト
    2. 過剰にキーワードを盛り込む
    3. 関係のないリンクを過剰に貼らない
  8. E-A-Tとは
    1. 専門性(Expertise)
    2. 権威性(Authoritativeness)
    3. 信頼性(Trustworthness)
    4. E-A-T個人が高める方法
  9. YMYLとは
  10. SEOのアップデートについて
    1. パンダアップデート
    2. ペンギンアップデート
    3. モバイルフレンドリーアップデート
    4. インタースティシャルアップデート
    5. モバイルファーストインデックス
  11. SEO対策にオススメのWordPress(ワードプレス)のプラグイン
    1. All in SEO Pack
    2. Yoast SEO
    3. The SEO Framework
    4. Premium SEO Pack
    5. Google XML Sitemap
  12. SEO対策にオススメのGoogleChrome拡張機能
    1. Check Bot
    2. Mozbar
    3. Page Analytics
    4. Extract People also search phrases in Google
  13. SEO対策にオススメのツール
    1. Google Analytics(グーグルアナリティクス)
    2. Google Search Console(グーグルサーチコンソール)
    3. 検索順位チェックツールGRC
    4. Rank tracker
    5. Namaz
    6. PageSpeed Insights
    7. Smart ASP
  14. まとめ

SEOとは

アフィリエイト SEO とは

SEOとは『Search Engine Optimization』の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉になります。

検索結果でWebサイトがより上部(高い検索順位)に表示されるための施策を指しています。

アフィリエイターにとってSEOで上位表示されるかどうかは稼げるかどうかの指標になります。

多くのアフィリエイターはSEO対策と呼ばれる検索エンジンで上位表示されるために日々良心的な記事を書いています。

検索エンジンの仕組み

アフィリエイト 検索エンジン 仕組み

検索エンジンの仕組みについてご紹介したいと思います。

検索エンジンは『クローリング→インデキシング→スコアリング』という3つの工程があります。

それぞれについて詳しく説明していきます。

・クローリング
・インデキシング
・スコアリング

クローリング

SEO クローリング

検索エンジン上にはクローラーと呼ばれる検索ロボットがページを巡回して情報を取得しています。

この巡回作業をクローリングと言います。クローラーは効率よくページからページへとリンクを辿っていきます。

しかし、世界では1日に数億記事が作られておりクロールする必要ない記事は情報を取得してくれない場合もあります。

webサイト内の各記事を巡回しやすくする必要があります。

インデキシング

SEO インデキシング

クローラーが情報を集めただけでは検索結果には表示されません。

クローラーによって集められた情報は整理されてデータベースに格納されます。

このデータベースに格納される作業をインデキシングと言います。

インデキシングは情報収集だけではなく情報を整理して格納するので時間がかかる傾向があります。

また、全ての情報が登録されるわけではなく、

同一のコンテンツが存在する場合やコンテンツの内容が薄い場合はインデキシングされない場合があります。

スコアリング

SEO スコアリング

ユーザーが検索するキーワードとインデキシングされた情報を照らし合わせて、

スコアが付けられて検索結果に表示されます。

このスコア付けのことをスコアリングと言います。

スコアリングのルールをアルゴリズムと呼び、このアルゴリズムは日々変化していると言われています。

SEO対策する3つのメリットについて

SEO対策 メリット

アフィ太郎君
アフィ太郎君

SEO対策するメリットってどんなことがあるの?
リスティング広告でも同じように思えるんだけど。

masaya
masaya

リスティング広告ももちろんやり方によっては非常に効果があるけど、
SEO対策ならではのメリットがいくつかあるよ!!

SEO対策をする3つのメリットについてご紹介したいと思います。

・非常に効率の良い集客方法である。
・リスティング広告ではアプローチできるユーザーに限度がある。
・アクセスに対してコストが掛からない。

非常に効率の良い集客方法である

多くのインターネットを利用しているユーザーは何か調べ物がある時に、

YahooやGoogleなどの検索エンジンサービスを利用して情報を調べると思います。

SEO対策をするということは、そうした検索エンジンユーザーのうち、

特に商品やサービスに関連の高いキーワードで検索したユーザーに

サイトに目に触れてもらう機会を増やすことに繋がりますし、

何かしら目的があり検索を行うユーザーを集めることで『非常い効率の良い集客方法』であるということです。

リスティング広告ではアプローチできるユーザーに限度がある

ただ、これを言うと中にはリスティング広告も同じでは?ということもあるので、

リスティング広告を利用すればSEO対策を実施しなくても

検索エンジン経由でアクセスを獲得することが可能になります。

Googleの検索結果には大きく分けて

『自然検索(オーガニック検索)』『広告枠』の2つによって形成されていますが、

全ての検索したユーザーがリスティング広告をクリックするということはなく、

広告枠はほとんどクリックしないユーザーもいるので

全体としては、自然検索枠のほうが多くクリックされることがわかっています。

つまり、リスティング広告のみでのアプローチは限界があり、

その他のユーザーには一切アプローチできないので、

結果として競合にユーザーが流れてしまうことに繋がります。

ただ、SEO対策をしてリスティング広告をしていない場合も類似したことはあります。

SEO対策とリスティング広告を併せることでより多くのユーザー数を獲得できます。

アクセスに対してコストが掛からない

リスティング広告の場合はクリック課金制なので、アクセスを増やすほどコストが掛かります。

また、アクセスがあったからと言って必ず購入までに結びつくということはないので、

採算が取れず、リスティング広告の費用を払い損というケースもあります。

しかし、SEO対策であれば『アクセスに対して費用が発生することはない』ので、

そのキーワードで上位表示させることができれば追加予算を投じることもなく、

売上を挙げてアクセエスを安定して獲得することができます。

つまり、検索エンジン上で高く評価されて数多くのキーワードで上位表示させることで

毎月多くの広告費を投じなくても集客や売上につながります。

これはSEO対策にあり、リスティング広告にないメリットになります。

2種類のSEO対策について

SEO対策 ホワイトハット ブラックハット

masaya
masaya

SEO対策は大きく分けて2種類の対策方法が存在するよ。
ホワイトハットSEOとブラックハットSEOがあるよ。
ただ、ブラックハットSEOはこのサイトでは推奨していないよ。
アフィリエイト初心者はホワイトハットSEOを勉強してこう!!

SEO対策にはホワイトハットSEOとブラックハットSEOの2種類の方法が存在しています。

それぞれについて詳しく説明していきます。

・ホワイトハットSEO
・ブラックハットSEO

ホワイトハットSEO

SEO対策 ホワイトハット

ホワイトハットSEOとは検索エンジンのガイドラインに従ってサイトを最適化する方法になります。

Googleが公開している

・検索エンジン最適化スターターガイド

・ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

で推奨されている形でSEO対策を行います。

ブラックハットSEO

SEO対策 ブラックハット

ブラックハットSEOとは、検索エンジンの評価アルゴリズムの意図に反して、

検索エンジンを欺いて価値のあるサイトだと見せかける偽装工作するSEO対策になります。

具体的にはSEO対策などの業者が提供する外部リンクを施策することで

検索エンジン上位を表示させる方法になります。

今まではSEO対策で上位表示させるために有効な手法でしたが、

現在はシステムの穴はほぼなく、ブラックハットSEOの効果はかなり低くなっています。

またアルゴリズムにバレてしまうとそのサイトは検索エンジンからペナルティを受けるので

ブラックハットSEOは個人的にはオススメしないです。

SEOの内部対策と外部対策について

SEO対策 内部対策 外部対策

アフィ太郎君
アフィ太郎君

SEOについてはだいたいわかったけど、
どうしたら検索上位を取ることができるようになるのかな?

masaya
masaya

SEOは主に内部対策と外部対策の2つに分けられるよ。
それぞれの対策をすることで記事やサイトが上位表示されやすくなるよ。

SEO対策は大きく分けると内部対策と外部対策の2つに分けることができます。

それぞれについて詳しく説明していきます。

・内部対策
・外部対策

内部対策

SEO対策 内部対策

内部対策とは、

『サイトを構成しているHTMLタグ、テキスト文章、画像、リンクなどのサイト内部の要素を改善するSEO対策』

になります。

内部対策の目的は『クローラーやユーザーが認識しやすいページを作ること』です。

ただ、過度なキーワードを詰め込んだりするのは逆効果になります。

あくまでもユーザーがサイトを見やすく利便性を考慮した設計になります。

内部対策を行うことで、クローラーの巡回がしやすくなり、

サイト全体の価値が高まり検索順位が上がりやすくなります。

サイトを構成しているHTMLタグ、テキスト文章、画像、リンクなどのサイト内部の要素を改善するSEO対策
・目的はクローラーやユーザーが認識しやすいページを作ること

タイトル

SEO対策 内部対策 タイトル

記事のタイトルはユーザーの検索キーワードと検索ニーズに当てはまるものにするので、

非常に重要な内部対策となります。

タイトルにキーワードを含めることはもちろんですが、

見栄えの良いようにタイトルは『30文字程度で書くこと』がおすすめです。

タイトルはCTR(=クリック率)に大きく影響するので、

しっかりとキーワードやクリックされるタイトルにしましょう。

・タイトルにしっかりとキーワードを入れる。
・タイトルは30文字程度で書くこと。

メタディスクリプション

アフィリエイト SEO メタディスクリプション

メタディスクリプションとは『サイトの概要文や説明文』として使われます。

メタディスクリプションは検索結果のページ概要として表示されます。

メタディスクリプションは検索結果に表示されるので、

『クリックする前にユーザーが見るもの』として考える必要があります。

タイトルと同様にメタディスクリプションもCTR(=クリック率)に大きく影響するので、

しっかりと書く必要があります。

・メタディスクリプションとはサイトの概要文や説明文のこと。
検索結果に表示されるので、クリックする前にユーザーが見るものとして考える。

リード文

SEO対策 内部対策 リード文

リード文とは本題に入る前のつなぎの文章になります。

タイトルを見て記事に訪れたユーザーに対して記事を読んでくれるかどうかはリード文次第です。

つまり、リード文次第で記事の第一印象が決まるということです。

また、リード文でもしっかりとキーワードなどを散りばめることでSEO対策も有利になります。

・記事の第一印象が決まる。
・SEO対策においても有利になる。

見出し

SEO対策 内部対策 見出し

見出しの役割としては、新聞や雑誌のように『記事内容を簡単にまとめたもの』になります。

見出しを見れば内容がざっくりと理解できるようにする必要があります。

また見出しにはH1〜H6が存在しています。順番をしっかりと意識して見出しを作っていく必要があります。

見出しにもきちんとキーワードを織り込むことでSEO対策に繋がります。

・見出しは記事内容を簡単にまとめる。
・順番をしっかりと意識して見出しを作っていく。
・しっかりとキーワードを入れることでSEO対策になる。

コンテンツ

SEO対策 内部対策 コンテンツ

コンテンツはサイトの顔とも言えます。

内容がしっかりと書かれている記事が検索順位が高いのは当然です。

また記事の内容にキーワードを盛り込むというのは基本中の基本ですが非常に大切なことです。

文字数も少ないよりは多いほうが良いです。

・コンテンツには必ずキーワードを散りばめること。
・文字数も意識する。

内部リンク

SEO対策 内部対策 内部リンク

内部リンクはリンク評価をリンク先に受け渡します。

ページごとに重み付けしていくことでサイト全体が評価されていきます。

内部リンクは、サイトの重要なページに集めることが基本となります。

ただ関連性の強いページ同士を繋げる必要があるので、

順位を上げたいページに無関係な内部リンクを貼っても効果はありません。

順位の上げたいページに関連する複数のページを作りそこから内部リンクを集める対策が必要になります。

画像

SEO対策 内部対策 画像

SEOにおいてユーザーをサイトに惹きつけるためには画像の使い方が重要になります。

画像にはサイトの表紙にもなるアイキャッチ画像と、挿入画像が存在します。

アイキャッチ画像はユーザーがその画像を見てクリックしたくなるものが良いです。

挿入画像はサイトの記事を読んでいても文章ばかりだと読む意欲が削がれてしまいます。

ですので挿入画像を入れることで読者の読む意欲を低下させずに済みます。

また、検索エンジンは画像周りのデータもサイトの評価に使っています。

画像は視覚的な効果もあり、検索エンジンによるサイトの評価を上げることにも期待できます。

ドメインパワー

SEO対策 内部対策 ドメインパワー

ドメインパワーとは『ドメイン自体の検索エンジンに対する信頼度』になります。

ドメインパワーは200以上あるSEOの評価基準の1つとしてされています。

ドメインパワーが強いサイトのほうが検索エンジンで上位表示されやすい傾向があります。

しかし、必ずしもドメインパワーが強いからと言って検索順位で上位表示されるとは限らないです。

外部対策

SEO対策 外部対策

外部対策とは『外部のサイトから被リンクを集めて自分のサイトへの評価を高める方法』です。

基本的に外部対策は、被リンクと呼ばれる他のサイトからのリンクが重要になります。

ただ、これは個人でコントロールできないからなるべく内部対策をベースに考えることが大切です。

なぜ内部対策だけではいけないのか?

SEOは基本的に

・ユーザーにとって役立つ情報があること

・検索エンジンに分かりやすく構成や記述されていること

という内部的なSEOを基本とされています。

ですが、それだけでは検索エンジンは上位表示してくれるわけではないです。

その理由は、

・検索されたキーワードに関するコンテンツがある

・内容がしっかりと書かれている

・わかりやすく丁寧に整理されている

と検索エンジンが理解できてもそのコンテンツの良し悪しが、

『ユーザーからみてどれだけ勝ちがあるかわからない』ということになります。

検索エンジンはアルゴリズムによって判断されているので、人間が面白いとかタメになると思えるコンテンツでも、

検索エンジン自体に知的欲求があるわけではないです。

検索エンジンにわかることは『どんな情報があるのか』という部分だけになります。

そこで多くのユーザーはこのコンテンツをどう評価しているのか?という指標が必要になります。

それを外部施策することで検索エンジンやサイト自体の価値がさらに評価されるわけです。

基本的には外部試作は内部施策を行っていればユーザーにとって相対評価に繋がるので、

内部施策を行うことで外部施策も自然と良くなっていきます。

・外部対策は検索エンジンで評価できない人間から見た評価になる。
・内部対策を行いよりよいコンテンツを作ることで外部施策も自然に良くなる。

私がSEO対策で特に考えていること

SEO対策 考えること

私がSEO対策で特に考えていることは主に2つです。

一つが『読者にとって価値ある記事を書くこと』『SEO対策だけに頼りすぎないこと』という2つです。

・読者にとって価値ある記事を書くこと
・SEO対策だけに頼りすぎないこと

読者にとって価値ある記事を書くこと

SEO対策 アフィリエイト

どれだけSEOが評価が高くてもその先には人がおり、

その人達の悩みや問題を解決することがアフィリエイトの目的です。

Googleもユーザーファーストを意識しているわけですので、

自然と読者のためのサイトを作っていたら評価も自然と高くなっていくというのが私の考え方です。

ブラックハットSEOのようなやり方で上位表示させることも可能ですが、

大切なのは『読者にとって価値ある記事を書くこと』です。

これは非常に重要な考え方なので大切にしてください。

SEO対策だけに頼りすぎないこと

SEO対策 アフィリエイト

SEO対策だけで稼ぐというのは、年々難易度が高くなっている印象があります。

アフィリエイトで長く稼ぎ続けるためには『SEO対策だけに頼らない』というのも必要になっています。

そのためにはSNSやYoutubeなどの別のメディアを活用したり、

ファンをメルマガなどにリスト化しておくことも非常に大切になっています。

SEOのペナルティについて

SEO ペナルティ

SEOにはペナルティが存在しています。アップデートなどで規約違反したサイトなどが対象になります。

Googleなどの検索エンジンサービスを展開している企業が望むビジョンに

相応しくないサイトが検索順位を落とされます。

サイトがペナルティになると『数ヶ月〜1年以上の長期に渡って検索順位が上がらない可能性』があります。

特にブラックハットSEOなどを行っていると最悪一生そのサイトが上がってくることがなく、

積み上げた記事が台無しになる可能性もあるので注意が必要ですね。

具体的にSEOでペナルティに繋がる3つのポイントについて説明します。

・隠しテキスト
・過剰にキーワードを盛り込む
・関係のないリンクを過剰に貼らない

隠しテキスト

SEO ペナルティ 隠しテキスト

隠しテキストとは『ユーザーが見えないは陰萎で対策のキーワードを過剰に入れる方法』です。

これはスパムと見なされるので注意が必要ですね。

過剰にキーワードを盛り込む

SEO ペナルティ 過剰 キーワード

SEO対策をすると不自然極まりないほど大量に対策キーワードを文章に入れている人が居ます。

しかし不自然な大量の対策キーワードはペナルティの対象になるので注意が必要です。

関係のないリンクを過剰に貼らない

SEO ペナルティ 過剰 リンク

検索エンジンはサイトが外部からどのように評価されているか確認されます。

関連性のない被リンクを過剰にあるとペナルティを受けることがあります。

ブラックハットSEOは注意が必要です。

E-A-Tとは

SEO対策 E-A-T

E-A-Tとは、専門性/権威性/信頼性の総称で、Googleの造語になります。

Googleは高品質なサイトの条件としてこれら3つの要素を大切にしています。

簡単に説明すると『正しい事実を責任持ってわかりやすく説明する』という方針です。

最近になり、このE-A-Tがアフィリエイターたちの中で重要視されています。

今後アフィリエイトを始めていく上で大切なのでぜひチェックしておきましょう。

・専門性(Expertise)
・権威性(Authoritativeness)
・信頼性(Trustworthness)

専門性(Expertise)

SEO対策 E-A-T

専門性(Expertise)はGoogle検索エンジンでは専門性に特化したサイトを高く評価します。

ジャンルやテーマが統一されており、専門性の高いコンテンツを提供するサイトはSEOで上位表示されやすいです。

また、専門性を高めることでユーザーの滞在時間や回遊率を高める傾向があるので、

比例してサイトの信頼性を高めることにも繋がっていきます。

権威性(Authoritativeness)

SEO対策 E-A-T

権威性(Authoritativeness)は特定の分野で誰もが認めるサイトになります。

Googleは以下のような項目から権威性の高いサイトとして評価しいます。

・コンテンツが充実している。
・分かりやすく整理されている。
・更新性があり、常にコンテンツ品質が維持されている。
・有益な情報源への参照リンクを適宜紹介している。
・オリジナリティの高いコンテンツを有する。
・長年にわたり運営されている。
・自然リンクによる支持を受けている。
Googleが目指している権威性とはこの人が言っていれば間違いないということですね。
例えば法律に詳しい弁護士や医療に詳しい医者などは該当しますね。
こうした権威性の高い人物や団体のコンテンツを高く評価されます。

信頼性(Trustworthness)

SEO対策 E-A-T

 

信頼性(Trustworthness)はその名の通りで『多くの人から信頼を獲得している状態』です。

人から信頼される状態がどのような状態なのかは、

Googleはブラックボックス化しているのでわかりませんが、

ただ公共機関や行政などのサイトと個人サイトを比べればどちらを信頼すると言ったら前者だと思います。

また、前者は自分たちの情報をしっかりと開示しているというのも特徴があります。

運用が何十年続いているのかどのような団体が行っているのかなどですね。

逆に個人サイトの場合は実名や実態が公開されていないのでGoogleの信頼性スコアは高くはないです。

E-A-T個人が高める方法

E-A-T個人が高める方法として大切なのが

・長期でサイトを運営していく

・被リンクを獲得する

・SNSのいいねやシェアを集める

ということが大切になります。

・長期でサイトを運営していく
・被リンクを獲得する
・SNSのいいねやシェアを集める

YMYLとは

SEO対策 YMYL

YMYLとは『Your Money or Your Life』の略語で、

『ユーザーの幸せ、健康、経済的安定性または安定に影響を及ぼすページ』全般を表しています。

主に5つのジャンルがYMYLに該当します、

・買い物または金融取引に関するサイト→通販や送金、支払いなどの情報について
・金融情報に関するサイト→投資や税金、家の購入などの情報について
・医療情報に関するサイト→健康や薬、精神的健康などの情報について
・法律情報に関するサイト→法的なアドバイスや情報について
・公的/公式情報に関するサイト→公的機関に関する情報について

YMYLに関するジャンルは他ジャンルよりも厳格になっています。

そのためYMYLに関するジャンルを運営する場合はページの品質や情報の正確性を高めることが必要になります。

・YMYLはユーザーの幸せ、健康、経済的安定性または安定に影響を及ぼすページ全般を表している。
・YMYLに関するジャンルが他ジャンルよりもの厳格になっている。
・YMYLに関するジャンルを運営する場合はページの品質や情報の正確性を高めることが必要。

SEOのアップデートについて

masaya
masaya

検索エンジンは日々進化しており抜け穴のようなやり方で
検索エンジン上位を狙うやり方は年々厳しくなっているよ。

SEOのアップデートの歴史について紹介していくよ。

SEOは年々アップデートが行われて、

そのたびにアフィリエイターたちを歓喜の渦する一方で地獄のどん底に叩きつけることがあります。

ただこれは検索エンジンを利用させてもらっている以上避けては通れないので、

しっかりとアップデートがどのように行われているか流れを見ていくのが良いと思います。

・パンダアップデート
・ペンギンアップデート
・モバイルフレンドリーアップデート
・インタースティシャルアップデート
・モバイルファーストアップデート

パンダアップデート

SEO対策 パンダアップデート

検索エンジン上位を占めていたサイトなどは内容の薄い記事でした。

これは大量のサイトを作って数撃ちゃ当たるというロジックでした。

しかし内容の薄いユーザーが満足しないサイトは検索結果から排除しようとアルゴリズムをアップデートを行いました。

これがパンダアップデートになります。

・内容の薄いユーザーが満足しないサイトを排除したアップデート。
・ユーザーにとって有用ではない記事や他サイトの情報をコピーしている記事が対象。

ペンギンアップデート

SEO対策 ペンギンアップデート

パンダアップデートでは記事の質を改善させるアルゴリズムの変更を行いましたが、

ペンギンアップデートではリンクの質を改善させるアルゴリズムの変更になります。

昔は被リンクの効果が高く、多くのリンクがあるサイトは検索エンジン上評価が高いサイトでした。

しかしリンク プログラム – Search Console ヘルプ で、

以下のようなものをリンクプログラムとして挙げられており、

これらに当てはまるサイトや記事はガイドライン違反としてみなされました。

・金銭のやり取りが発生したリンク
・過剰な相互リンク
・アンカーテキストに意図的にキーワードを多く使用したリンク
・自動化されたプログラムに参加して生成された自サイトへのリンク
・質の低いディレクトリやブックマークサイトからのリンク
・ウィジェットに埋め込まれたリンク
・フォーラムなどのコメントや署名に含まれる作為的なリンク

ペンギンアップデートではよ良質なサイトを評価するために悪質なリンク対策しているサイトをアップデートしました。

・リンクの質を改善させるアップデート。
・悪質な被リンクサイトが対象。

モバイルフレンドリーアップデート

SEO対策 モバイルフレンドリーアップデート

スマホ検索利用者が増加しており、スマホでのページ閲覧に最適化していないサイトやページの評価が

下がるようにアルゴリズムが変更されたのがモバイルフレンドリーアップデートになります。

パソコン用のページをスマホで縮小表示している場合はモバイルフレンドリーではないので評価が下がります。

最近はどれもモバイルフレンドリーに対応しているので問題ないです。

ページがモバイルフレンドリーになっているかどうかはモバイルフレンドリーテストで確認することができます。

・スマホに最適化するアップデート。
・PCなどにしか最適化していないサイトが対象。

インタースティシャルアップデート

SEO対策 インタースティシャルアップデート

スマホでサイトを表示している段階で、

インタースティシャル(画面やページの切り替え・遷移時に挿入される広告)や

ポップアップ(サイトを開いた時に自動的に一番手前に表示される広告)が表示されると

ユーザーにとって不快であるという問題がありました。

そこでコンテンツ閲覧を邪魔するページの検索順位を下げるアップデートを行いました。

これがインタースティシャルアップデートになります。

インタースティシャルアップデートでは以下のような広告が違反とされ評価が落ちます。

・検索結果経由でページへアクセスした直後やページ閲覧の最中にメインコンテンツを覆い隠すポップアップが表示される
・インタースティシャルを表示させ、それを閉じないとメインコンテンツが見れない
・スクロールしないとメインコンテンツが見れない
ユーザーに不快なく正しく広告を表示させるアップデートとなります。
・コンテンツ閲覧を邪魔するページの検索順位を下げるアップデート。
・不快な広告を表示させるサイトが対象。

モバイルファーストインデックス

SEO対策 モバイルファーストインデックス

Googleはサイトをクローリング・インデックス・ランキングをして検索順位を決めています。

しかし、スマホページにも検索順付けが適用されており、

パソコンの記事がベースにスマホの検索順位が決められていました。

しかし、表示の見やすさなどを配慮するためにスマホではコンテンツを非表示にするケースが多く、

検索結果からユーザーがアクセスした時に目的のコンテンツが無いという状態がありました。

またパソコンよりもスマホを日常的に利用するユーザーが増えてことにより、

この問題を解消するためのアップデートがモバイルファーストインデックス(MFI)になります。

・スマホページがベースに検索順位付けされるようになる。
・スマホに適用されていないサイトが対象。

SEO対策にオススメのWordPress(ワードプレス)のプラグイン

WordPress(ワードプレス) オススメ プラグイン

masaya
masaya

SEO対策にオススメのWordPress(ワードプレス)のプラグインがいくつかあるから
ぜひインストールしておくべきだよ!!

SEO対策にオススメのWordPress(ワードプレス)のプラグインをいくつかご紹介します。

All in SEO Pack

WordPress(ワードプレス) プラグイン All in SEO Pack

All in One SEO Packとは、

WordPressを使用しているサイトやブログだったらほとんどの人が入れているであろう有名なプラグインになります。

All in One SEO Packは面倒なSEOの設定を簡単に行うことができるプラグインになります。

All in One SEO Packは無料なのにも関わらず非常に高性能なプラグインになります。

All in SEO Packのダウンロードはこちら

Yoast SEO

WordPress(ワードプレス) プラグイン Yoast SEO

Yoast SEOはAll in One SEO Packと同じで世界中の多くの人が利用しているプラグインになります。

Yoast SEOは無料でSEO設定機能を網羅して便利なプラグインです。

ただAll in One SEO Packかどちらか一つあればことが足りますのでどちらか一つで良いです。

Yoast SEOのダウンロードはこちら

The SEO Framework

WordPress(ワードプレス) プラグイン The SEO Framework

The SEO FrameworkはSEOの様々な設定を自動で実施してくれます。

またコンテンツ自動で最適化してくれるという機能も存在しています。

基本的なSEO対策としては十分な機能です。

The SEO Frameworkのダウンロードはこちら

Premium SEO Pack

Premium SEO Packは、様々なSEO対策が行える多機能なプラグインになります。

また他のSEOプラグインにはない独自な機能も搭載されていることから人気もあるプラグインです。

Premium SEO Packのダウンロードはこちら

Google XML Sitemap

WordPress(ワードプレス) プラグイン Google XML Sitemap

Google XML Sitemapはウェブ上のクローラーにサイトを巡回してもらうためのWordPressのプラグインになります。

クローラーはウェブサイトを巡回して検索エンジンに反映する役割を持っています。

ですので、サイトマップが設定されていないと

記事を公開してから検索結果に反映されるまでに時間がかかります。

ですので、早く自分の作った記事を検索エンジンに認識してもらうために必要なプラグインです。

Google XML Sitemapのダウンロードはこちら

SEO対策にオススメのGoogleChrome拡張機能

SEO対策 オススメ GoogleChrome 拡張機能

GoogleChrome拡張機能とはGoogleChromeの独自のプラグインになります。

私はブラウザは基本的にGoogleChromeを使用していますが、

GoogleChromeの中にもSEO対策にオススメのプラグインがいくつかありますのでご紹介したいと思います。

Check Bot

GoogleChrome 拡張機能 Check Bot

Checkbotは主にサイトのスピードなどを測定するGoogleChromeの拡張機能になります。

Check Botのダウンロードはこちら

Mozbar

SEO対策 GoogleChrome 拡張機能 Mozbar

Mozbarとは、Mozと呼ばれるアメリカの有名なSEO会社が提供しているGoogleChromeの拡張機能になります。

Mozbarではページの権威であるオーソリーティを競合サイトを評価することが出来ます。

具体的にはDA(ドメインオーソリティ)とPA(ページオーソリティ)の2つがあります。

この2つを数値の範囲は0〜100で、数字高いほどそのサイトの権威性が高いと判断できます。

Mozbarのダウンロードはこちら

Page Analytics

SEO対策 GoogleChrome 拡張機能Page Analytics

Page AnalyticsはGoogleアナリティクスのGoogleChromeの拡張機能版のようなものです。

Page Analyticsを使うことで、通常のブラウザを閲覧しながら解析データを確認できたり、

どこのリンクやボタンをクリックしたのかなどのヒートマップ解析を簡単に行うことができます。

わざわざGoogleアナリティクスを使わなくても自分のサイトを閲覧するだけで同時に、

クリック数や解析などを行える便利なGoogle拡張機能になります。

Page Analyticsのダウンロードはこちら

Extract People also search phrases in Google

SEO対策 GoogleChrome 拡張機能 Extract People also search phrases in Google

Extract People also search phrases in GoogleはGoogleの検索結果に表示される

『他の人はこちらも検索』のキーワードを取得するためのGoogle拡張機能になります。

関連キーワードは自動で取得できるツールは多く存在していますが、

『他の人はこちらも検索』のツールはないので非常に便利です。

Extract People also search phrases in Googleのダウンロードはこちら

SEO対策にオススメのツール

SEO対策 オススメ ツール

SEO対策をする上で非常に便利なツールが今は存在しています。

昔に比べても非常に情報やリサーチするのが簡単なのでぜひ使ってみてほしいです。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)

アフィリエイト Google Analytics(グーグルアナリティクス)

Google Analytics(グーグルアナリティクス)とは、サイトのアクセス状況がわかるアクセス解析ツールです。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)は無料で誰でもサイトのアクセス解析を行うことが出来ます。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)はこちら

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

アフィリエイト Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは、

Google検索結果で自分のサイトのパフォーマンスを管理できる無料のサービスです。

以前はウェブマスターツールという名称で提供されていましたが、

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)に名称が変更されました。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)はユーザーが訪れる前のデータを取得することができる

SEO対策で非常に便利なツールとなっています。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)はこちら

検索順位チェックツールGRC

アフィリエイト 検索順位チェックツールGRC

GRCとは、検索エンジン表示順位の調査、追跡ツールになります。

複数のサイトなどで検索エンジンの表示順位をボタン一つで調査します。

検索エンジンはGoogle、Yahoo、Bingに対応しています。

無料版と有料版がありますが、本格的にアフィリエイトを始めていく人は有料版がオススメになります。

検索順位チェックツールGRCはこちら

Rank tracker

アフィリエイト Rank tracker

Rank trackerはベラルーシに本社を構えているSEO PowerSuite社が提供しているツールです。

Rank trackerはGoogleやYahooなどの検索エンジンでの

自分のサイトの検索順位を一括で調査することができるツールです。

Rank Trackerは検索キーワードを毎日自動で調査してグラフにまとめてくれます。

Rank trackerはこちら

Namaz

アフィリエイト NAMAZ

Namazは検索エンジンの変動幅を教えてくれるツールとなります。

またPC版とスマホ版がありどれだけ動いたのかわかります。

NAMAZはこちら

PageSpeed Insights

アフィリエイト PageSpeed Insights

PageSpeed InsightsとはGoogleの提供しているページ速度チェックツールになります。

PageSpeed Insightsはパソコンもスマホも共に速度を測定することができるので非常に便利です。

PageSpeed Insightsはこちら

Smart ASP

アフィリエイト Smart ASP

Smart ASPとは成果報酬型広告の売上を一括管理できたり、競合サイトの内部対策分析、リライト記事自動選定など

アフィリエイターにとってかゆいところに手が届くツールです。

Smart ASPはこちら

まとめ

SEO対策について説明しました。アフィリエイトで稼いでいくにはSEO対策は非常に大切になるので、

今回の記事を何度も読み直してSEO対策について理解を深めましょう。

Step9ではアフィリエイトの税金について紹介していきます。

Step9:アフィリエイトの税金

タイトルとURLをコピーしました