アフィリエイトのオススメ商材はこちら

【書く前に考える!!】アフィリエイトのサイト設計について徹底解説してみた

アフィリエイト サイト設計
masaya
masaya

記事を書く前にどんなサイトを作るのかサイト設計はアフィリエイトでは重要だよ。
早く記事書きたいという気持ちはわかるけど、

しっかりとした設計を行うからこそ資産的な価値のあるサイトが出来上がるんだよ。

アフィリエイトではただ闇雲に記事を書くのではなく、

予め記事を書く前にどんなサイトを作るかを細かく決めておくことが大切です。

・サイト設計を全く知らない人
・サイト設計で躓いている人
・サイト設計の具体的なやり方を知りたい人

サイト設計を理解している人はStep7でアフィリエイトのライティングに進んでください。

Step7:アフィリエイトのライティング

サイト設計とは

アフィリエイト サイト設計

masaya
masaya

記事をいきなり書くんじゃなくて、
まずはサイトをどんな設計にするかを考えることが
アフィリエイトでは非常に重要になるよ!!

サイト設計とは『サイトとして機能するだけの最低限の完成形の設計』になります。

私がアフィリエイト初心者のうちは記事を書くことだけを意識していましたが、

闇雲に記事を書いていくだけではアフィリエイトではダメです。

どんなサイトを作るのかをしっかりと考える必要があります。

サイト設計の手順ですが、ざっくりと説明するとこんな感じになります。

①:ジャンルを選ぶ
②:ASPから商品を選択する
③:ターゲットを選ぶ
④:キーワードを選ぶ
⑤:キーワードをカテゴリー分けする
⑥:リンク設計を行う
⑦:コンテンツを作る
すでにジャンルやASPなどの登録は済んでいると思うので、この記事では③以降について詳しく書いていきます。
・サイト設計はサイトとして機能するだけの最低限の完成形の設計をすること。
・主にジャンル、APS、ターゲット、キーワード、カテゴリー、リンク等の設計を行う。

クリエイティブブリーフを作成する

アフィリエイト クリエイティブブリーフ

masaya
masaya

アフィリエイトのサイト設計で役に立つのがクリエイティブブリーフだよ。
クリエイティブブリーフはデザインやコンサルなどの分野で
企業でも使われていたりする優秀なツールだよ。

クリエイティブブリーフとは『サイトに必要な情報を一枚の紙に書きだした設計書』です。

デザイナーはプランナーなどからクリエイティブブリーフを渡されて作業に取り掛かります。

クリエイティブブリーフを作ることで、

『骨格となる情報が一枚の紙に書き出されるので簡単に俯瞰』することができます。

サイトをどんな意味で作ったのかと困った時に確認すると良いです。

クリエイティブブリーフの設計書はこちらで用意したので項目を埋めればOKです。

クリエイティブブリーフを書く項目を紹介します。

・クリエイティブブリーフはサイトの設計図。
・クリエイティブブリーフを作ることで骨格となる情報が一枚の紙に書き出されるので簡単に俯瞰できる。

サイトの目的(何を達成するのか?)

アフィリエイト クリエイティブブリーフ

サイトの目的は必ず必要になります。

『どんな理由がありサイトを立ち上げたのか』を明確にしておく必要があります。

ターゲット層(誰に対して記事を書くのか?)

アフィリエイト クリエイティブブリーフ

ターゲット層は『理想的な顧客像や人物像』を設定します。

ターゲット層は後で紹介するペルソナ設定で具体的に掘り下げていくので問題ないです。

ターゲット層を明確化しておくことで誰のために記事を作るのかがわかりやすくなります。

現状(どう思われているのか?)

アフィリエイト クリエイティブブリーフ

現状とは『ターゲットが現状どう思われているか』です。

できれば、しっかりとした調査したデータを元に考えると良いです。

未来像(どう変化するのか?)

アフィリエイト クリエイティブブリーフ

未来像とは『ターゲットのゴールとなる結果や未来像を設定』します。

今の現状から読者が記事を読むことで未来が変わるのかをしっかりと考えます。

アピールポイント(信頼の根拠はあるのか?)

 

アフィリエイト クリエイティブブリーフ
アピールポイントとは『信頼性』です。商品の性能や業界での地位やシェアなどが挙げられます。

または、著者の実績や経歴などもアピールポイントになります。

プロポジション(何をメッセージするのか?)

アフィリエイト クリエイティブブリーフ

プロポジションとは『ターゲットに対して何を伝えて何を提案するのか』です。

クリエイティブブリーフの肝となる要素ですね。

企業や商品が提供できる価値は何か?どうやってターゲットの生活や心を満たすのかなどを考えていきます。

コンシューマー・インサイト(心を動かすツボはどこか?)

アフィリエイト クリエイティブブリーフ

コンシューマー・インサイトとは『現状から未来像に近づけるためにユーザーの心をどうやって掴むのか』を書きます。

コンシューマー・インサイトはユーザーの深層心理を見つけ出して行動の動機づけに利用していきます。

消費者心理としては、『もっと〇〇になりたい』とか『みんなよりも差をつけられる』などが良いですね。

トーン(どんな形で語りかけるのか?)

アフィリエイト クリエイティブブリーフ

トーンとは『コミューケーションの語りかけ』ですね。

説得的な口調でロジカルに説明していくのか、友達のようにフレンドリーに語りかけるのかなどを決めましょう。

ペルソナ設定する

アフィリエイト ペルソナ設定

masaya
masaya

アフィリエイトの記事を書く前にペルソナ設定は必須だよ。
誰に記事を書くかを明確化しておくことで記事の書く効率が上がるよ。

ペルソナ選定をしてターゲットを決めるということが大切になります。

ペルソナ設定とは『架空の顧客像を設定すること』です。

つまり、架空の人物をイメージしてその人のプロフィール、行動、価値観などを詳細に設定していきます。

ペルソナ設定はソフトウェア開発やデザインなどで人物像への理解を深めるための

マーケティング方針として使われる手法でしたが、アフィリエイトでも使える手法になります。

ペルソナ設定を行うと具体的なターゲット層をは掴むことができるので、

あとは深堀りして分析とリサーチをすれば良いです。

アフィリエイトのサイトは自分が書きたいことではなく、

あくまで読者のためなので誰に向けて記事を書くかが重要です。

・ペルソナ設定とは架空の顧客像を設定すること。
・架空の人物をイメージしてその人のプロフィール、行動、価値観などを詳細に設定していく。

ペルソナ設定する2つのメリット

ペルソナ設定することで『キーワードが選定しやすくなる』ことと『ユーザーファーストが実現されやすい』という

2つのメリットがあります。それぞれについて説明していきます。

・キーワード選定がしやすくなる
・ユーザーファーストが実現されやすい

キーワード選定がしやすくなる

ペルソナ設定をすることで、

一人の架空の人物像に対してその人が検索しそうなキーワードを選定できます。

どのような悩みや問題があるのかを仮定しているので、

その人が検索しそうなキーワードをチョイスして記事を書いていくことができます。

ユーザーファーストが実現されやすい

ペルソナ設定をすることでユーザー目線で考えることで、

ユーザーの行動や感情を読み取り適したコンテンツを作成することが出来ます。

ターゲットにしているユーザーが求めている情報を発信することになるので、

ユーザーから見ても親切なサイトや記事になります。

その人に向けて記事を書いていくことでユーザーにとって親身なサイトになります。

ペルソナの作り方

アフィ太郎君
アフィ太郎君

ペルソナ設定は分かったけど、どうやったら具体的に作れるようになるの?

masaya
masaya

ペルソナ設定で作る項目をピックアップしたかま沿って考えてみるのがいいよ!!

ペルソナ設定の作り方ですが、基本的には以下のような項目を考えると良いです。

項目を設定していくことで、基本情報、ライフスタイル、価値観などが見えていきます。

・基本情報(年齢、性別、居住地など)
・職業(大学・学部、業種・役職、最終学歴)
・生活パターン(起床時間、通勤時間、勤務時間、就寝時間、外食派or自炊派、休日の過ごし方)
・性格(価値観、物の考え方)、生活での実感(困っていること、興味があること)
・人間関係(恋人・配偶者・子供の有無、家族構成)
・収入、貯蓄性向
・趣味や興味(インドア派orアウトドア派、友人間での流行等)
・インターネット利用状況・利用時間
・所持しているデバイス(PCもしくはスマホ)

OATHの法則

アフィリエイト OATHの法則

masaya
masaya

ペルソナ設定の一つにOATHの法則を使って考えると
より人物像が具体的になるよ!!

OATHの法則とは『人の悩みを4つのレベルに分けた法則』です。

OATHの法則に基づいてペルソナ設定してターゲット層を選ぶというのも良い方法です。

それぞれについて説明してきます。

・Oblivios(無知)
・Apathetic(無関心)
・Thinking(思考中)
・Hurting(苦痛)

Oblivios(無知)

アフィリエイト OATHの法則

Oblivios(無知)は『悩みを自分自身が理解していない人たち』になります。

こうした人たちには『日常生活を絡めて訴求すること』が効果的です。

Apathetic(無関心)

アフィリエイト OATHの法則

Apathetic(無関心)は『悩みに気づいてはいるものの対策をしていない人たち』になります。

こうした人たちには『危機感を示す訴求すること』が効果的です。

Thinking(思考中)

アフィリエイト OATHの法則

Thinking(思考中)は『悩みを自覚していて解決策を考えている人たち』です。

こうした人たちには『商品やサービスの強みを訴求すること』が効果的です。

Hurting(苦痛)

アフィリエイト OATHの法則

Hurting(苦痛)は『今すぐにでも悩みや問題を解決したい人たち』です。

こうした人たちには『安心感や利便性を訴求すること』が効果的です。

キーワードを選定する

アフィリエイト キーワード選定

masaya
masaya

ペルソナ設定ができれば、
その人達がどんなキーワードで検索するかを考えることが大切だよ。

ペルソナ設定が出来上がれば、検索エンジンで悩みや問題をどのようなキーワードで検索するかを考えていきます。

アフィリエイトでキーワード選びは非常に大切になるのでぜひチェックしておきましょう。

キーワード選定のポイント

キーワード選定は2つの指標を元に上位表示できるかを考慮して記事を作っていきます。

・検索キーワードボリューム
・競合性

検索キーワードボリューム

アフィリエイト 検索キーワードボリューム

検索キーワードボリュームとは、

『GoogleやYahooなどの検索エンジンで検索されるクエリ(キーワード)の検索数のこと』です。

検索キーワードボリュームの大小で、アクセスが集まりやすいキーワードかどうかの傾向を調べることができます。

アフィリエイト初心者は『100〜1000程度』のキーワードボリュームのあるものがオススメです。

アフィリエイトに自身がない人は100以下のキーワードボリュームでも良いです。

競合性

アフィリエイト 競合性

競合性とはどれだけそのキーワードで競合がいるかどうかです。

競合が多ければ多いほど非常にそのキーワードで上位を狙うためには時間と労力がかかります。

逆に競合が少なければ少ないほどそのキーワードで上位を狙いやすいです。

そのために『キーワードで上位表示されているサイトがどのようなサイトかをリサーチすること』が大切になります。

キーワードの見つけ方

アフィリエイト キーワード 見つける

masaya
masaya

キーワードを見つけるために今は無料で多くのツールがあるよ。
今はアフィリエイトが非常にやりやすい時代だね。

キーワードを見つけるツールはweb上に無料で多くあります。

その中でも私自身が使っている優れたツールを紹介したいと思います。

・キーワードプランナー
・関連キーワード取得ツール
・GoodKeyWord
・Googleトレンド
・Ubersuggest(ウーバーサジェスト)
・keysearch Beta

キーワードプランナー

アフィリエイト キーワード キーワードプランナー

キーワードプランナーとは、キーワード調査やキーワード選定を支援する便利なツールになります。

主にSEO対策やPPC広告などでターゲットユーザーへのアプローチをするためのキーワード選びに活用できます。

キーワードプランナーはこちら

関連キーワード取得ツール

アフィリエイト キーワード 関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツールとは、主に特定のキーワードを含む複合キーワードを調査するツールになります。

簡単に関連ワードを一括取得できる便利なツールです。

関連キーワード取得ツールはこちら

GoodKeyWord

アフィリエイト キーワード GoodKeyWord

GoodKeyWordとは、Google、Bing、Yahooで検索される

関連キーワード、複合キーワード、サジェストキーワードを調査することができるツールです。

GoodKeyWordはこちら

Googleトレンド

アフィリエイト キーワード Googleトレンド

Googleトレンドとはキーワードやトピックの検索回数トレンドを確認できるwebベースツールになります。

世界的に話題のあるトレンドを把握することができるのでトレンドを調査するのにおすすめです。

Googleトレンドはこちら

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

アフィリエイト キーワード Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)とは、海外の無料のキーワードツール・サジェストツールです。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)では

『検索ボリューム・SEO難易度・キーワード候補・SERP分析』を一画面で確認できるので非常に便利なツールです。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)はこちら

keysearch Beta

アフィリエイト キーワード keysearch Beta

keysearch Betaとは、キーワードマップを作成してくれるツールです。

keysearch Betaは、カテゴリー分けをツール上で行ってくれるので非常に便利なツールです。

keysearch Betaはこちら

キーワードの強さ

アフィリエイト キーワード 強さ

キーワードにはそれぞれ強さが存在しています。主にキーワードは3つに分けることができます。

ビックキーワード(1〜2文節):○○+□□

ミドルキーワード(3文節):○○+□□+△△

スモールキーワード(4文節):○○+□□+△△+××

ビッグキーワードは検索ボリュームも高いですが、その分競合が多くいます。

スモールキーワードは検索ボリュームは少ないですが、競合が少ないです。

キーワードによって強さが存在します。闇雲に記事を書く前にキーワードの性質を理解しておきましょう。

・ビッグキーワード
・ミドルキーワード
・スモールキーワード

ビッグキーワード

ビッグキーワードは1語〜2語でのキーワードになります。

ビッグキーワードは『検索キーワードのボリュームが多く、競合となる質の高いコンテンツが多い』です。

検索ボリュームの多いキーワードはあなた以外も他の競合サイトも目をつけているキーワードです。

競合サイトも上位表ぞを狙っているので、上位表示の難易度は高くコンテンツの質や評価がよりレベルが高くなります。

SEOの知識とキーワードに関しての知識が必要になるので簡単に上位表示させることが難しいです。

ただ検索ボリュームも多いので取れるとかなり稼ぎやすくなります。

ミドルキーワード

ミドルキーワードはビッグキーワードとスモールキーワードの中間で、

『検索ボリュームと競合数ともにあるキーワード』です。

ビッグキーワードに比べて検索結果の上位表示させることができるので、

アフィリエイト初心者はココをベースに狙っていきたいですね。

スモールキーワード

スモールキーワードは検索回数が少ないキーワードになります。

スモールキーワードは単体での検索数は少ないですが、競合も少なく上位表示させることが可能です。

検索数が少なくても中にはCVに繋がりやすいキーワードもあります。

キーワードの種類

アフィリエイト キーワード 種類

masaya
masaya

検索するキーワードによってユーザーの意図が隠れているよ。
キーワードの種類について紹介していくね。

キーワードはユーザーの検索意図があり検索します。

主にキーワードは『情報型・取引型・案内型』の3種類に分けることができます。

それぞれについて説明してきます。

・キーワードは『情報型・取引型・案内型』の3種類に分けることができる。

情報型

アフィリエイト キーワード 情報型

情報型とは『情報を知るために検索されるキーワードのこと』です。

ユーザーは知的欲求を満たすために検索しているのでCVには繋がりにくいです。

・〇〇 種類
・〇〇 とは
・〇〇 特徴

取引型

アフィリエイト キーワード 取引型

取引型とは『何か購入の参考として競合比較のために検索されるキーワードのこと』です。

あなたが買い物をする時に似たような商品があれば比較すると思います。

取引型は購入を悩んでいるのでひと押しすればCVは繋がりやすいです。

・〇〇 オススメ
・〇〇 比較
・〇〇 価格
・〇〇 評判
・〇〇 口コミ

案内型

アフィリエイト キーワード 案内型

案内型とは『商品やサービスを知っているユーザーがその名前を検索する時に使われるキーワードのこと』です。

案内型はCVに繋がりやすい傾向があります。

・企業名
・商品名
・サービス名

キーワードのジャンル

アフィリエイト キーワード ジャンル

先程説明したキーワードの種類に掛け算するようにジャンルを見つけると良いです。

キーワードのジャンルは『トレンド・シーズン・エリア・鉄板』の4つに分けることができます。

それぞれについて説明していきます。

・キーワードのジャンルは『トレンド・シーズン・エリア・鉄板』の4つに分けることができる。

トレンド

アフィリエイト キーワード トレンド

トレンドとは『新商品や最新ニュースで新しく生まれたキーワードのこと』です。

・Apple 最新
・芸能人 結婚

シーズン

アフィリエイト キーワード シーズン

シーズンとは『その季節や行事など一定の間隔で検索されるキーワードのこと』です。

・バレンタインデー ギフト
・夏 水着
・クリスマスプレゼント 彼女

エリア

アフィリエイト キーワード エリア

エリアとは『場所に関するキーワードのこと』です。

・東京 カフェ
・名古屋 新幹線
・沖縄 旅行

鉄板

アフィリエイト キーワード 鉄板

鉄板とは『通年検索されるキーワードのこと』です。

これはどの時期でも同じような悩みや問題があるキーワードです。

アクセスが平均的に常にあるキーワードです。

・How To記事 etc…

キーワードをカテゴリー分けする

アフィリエイト キーワード カテゴリー分け

キーワードをなぜカテゴリー分けするのかというと、

『キーワードによって検索したユーザーの問題や悩みに対して欲しいとする情報の検索意図が異なるから』です。

アフィリエイトでよくやってしまうのが、キーワードとカテゴリーがバラバラなサイトです。

キーワードとカテゴリーがバラバラというのは、中華料理屋に入ったのに出てくる商品が和食みたいなものです。

カテゴリ分けとは『検索意図』のことです。

もしキーワードを選んだだけで記事を書いてしまうと『重複コンテンツ』になる場合があります。

重複コンテンツとは『キーワードが違っても検索意図が同じもの』です。

重複コンテンツを回避するためにもキーワード選定したキーワードから、検索意図ごとに分けて

答えとなる内容が同じものを一つの記事としてまとめることが大切です。

キーワードをしっかりと精査していくことで重複すること無いサイトが出来上がります。

カテゴリーを設計する3つのメリット

アフィリエイト カテゴリー設計 メリット

カテゴリーを設計する3つのメリットについて紹介します。

・ユーザーが関連記事を見つけやすくなる
・カテゴリーごとに評価される
・クローラーが記事を発見しやすくなる

ユーザーが関連記事を見つけやすくなる

アフィリエイト カテゴリー設計 メリット

ユーザーが何かしら検索キーワードでサイトに訪れて記事を読み終わったあとに

その記事に関連した関連記事を読んでくれる可能性があります。

その時にカテゴリーを正しく分けていないとユーザーが読みたい記事が探しにくいです。

ですのでカテゴリー設計を行うことでユーザーが関連記事を見つけやすくなるという効果があります。

カテゴリーごとに評価される

アフィリエイト カテゴリー設計 メリット

カテゴリー設計をしていれば、自然とカテゴリーごとに評価されて専門性が高くなります。

カテゴリーに記事が集まることでカテゴリー自体の評価価値が高くなっていきます。

クローラーが記事を発見しやすくなる

アフィリエイト カテゴリー設計 メリット

クローラーとはSEO対策で詳しく説明していきますが、

簡単に説明すると検索エンジン上でサイトを見つけるロボットになります。

クローラーに記事を見つけてもらわなければ検索エンジン上に表示されないです。

カテゴリー設計のポイント

カテゴリー設計のポイントについて説明します。

・カテゴリーは関係性のあるものを集める
・名前の似たカテゴリーページを作らない

カテゴリーは関係性のあるものを集める

アフィリエイト カテゴリー設計

カテゴリーで大切なのが『カテゴリーと関係あるものをグループ分けする』必要があります。

もし関連性の薄い記事をカテゴリーに含めるとユーザーがサイトの離脱してしまう可能性があります。

名前の似たカテゴリーページを作らない

アフィリエイト カテゴリー設計

カテゴリーで似た名前のカテゴリーページを作らないようにしましょう。

対象となるキーワードは一つにまとめることでSEO対策で有利に働く傾向にあります。

キーワードの整理にはXmindがオススメ

アフィリエイト キーワード マインドマップ

キーワードをカテゴリー分けするにはXmindがオススメです。

Xmindはマインドマップのツールになります。ぜひキーワード整理に役立ててください。

Xmindのダウンロードはこちら

リンク構造を設計する

アフィリエイト リンク設計

アフィリエイトでうまく上位表示させるためにはリンク構造が重要です。

主に内部リンクについて詳しく説明していきます。

・内部リンクは多く繋がっている方が良い
・アクセス記事とCV記事のリンクをうまく活用する

理想的なリンク設計は木をイメージすることが大切

アフィリエイト リンク設計 木 イメージ

理想的なリンク設計は木をイメージすることが大切だと思っています。

リンク設計を考える上で大切なのが『トップページ・カテゴリーページ・個別ページ』の3つです。

この3つをしっかりとテーマに偏りがなく内部リンクを充実させることが検索エンジンに上位表示されやすいです。

サイト内の記事がしっかりと内部リンクで繋がっていれば、

読んでいるユーザーにも分かりやすく親切なサイトになります。

内部リンクは多く繋がっている方が良い

アフィリエイト リンク設計

リンクは多く繋がっている方が良いです。

リンクを入れることで1つの記事では説明できないことでも複数の記事で広く深く説明することが出来ます。

どんどん記事の情報が濃い情報になり専門性が高まり検索エンジンからの評価も高くなります。

内部リンク多くて4〜5つを入れるのが一般的に良いと言われています。

もちろんこれは記事のボリュームによって詳しく書く必要がある場合は内部リンクは増えます。

・リンクは多く繋がっている方が良い。
・リンクを増やすことで専門性が高まり検索エンジンからも評価が高くなる。
・内部リンクは4〜5つ入れるのが良い。

アクセス記事とCV記事のリンクをうまく活用する

アフィリエイト アクセス記事 CV記事

リンク設計の最後ですが、アフィリエイトは成約を決めることで初めて報酬が生まれます。

アフィリエイトは、アクセスを集めることだけが重要ではなく成約を決めることが重要になります。

そこで大切なのが『アクセス記事』『CV記事』のリンクをうまく活用します。

アクセス記事とは『アクセスを集めて内部リンクで別記事に流すための記事のこと』です。

アクセス記事の目的は別の記事への誘導になります。

ユーザーの悩みや問題を解決した後別の記事にリンクをつなぎます。

CV記事とは『商品やサービスの申し込みの成約を取る記事のこと』です。

CVとはConversionの略称で意味は申込みや成約になります。

アクセス記事で見込みユーザーを誘導したあとでCV記事で申し込みを促します。

またCV記事には『商標記事』『ランキング記事』の2つがあります。

商標記事は『商品を詳しく紹介する記事のこと』です。

ランキング記事は『ランキングで複数の商品を勧める記事のこと』です。

あらかじめどのように動線を引くか考えておきましょう。

・アクセス記事とはアクセスを集めて内部リンクで別記事に流すための記事のこと。
・CV記事とは商品やサービスの申し込みの成約を取る記事のこと。
・CV記事には商標記事とランキング記事の2つが存在する。

まとめ

今回は、アフィリエイトのサイト設計について説明しました。

サイト設計をしっかりすることでアフィリエイトの目的である『読者の悩みや問題を解決すること』

しっかりと行うことができるのでサイトや記事は評価されます。

Step7ではアフィリエイトのライティングについて説明していきます。

Step7:アフィリエイトのライティング

タイトルとURLをコピーしました